エリザベス

あのイギリスの女王、エリザベス2世の前には当然、エリザベス1世がいて、この人は結婚せず、国に使えた人です。
13歳くらいのときに、キャサリンによって(この人が誰なのかよくわからない)王位継承権を取り戻したとされています。
この前に、メアリーという王女がいて、この人が先にクイーンんになっていますが、無くなってしまったのです。
だからエリザベスが女王になりました。
メアリーは、ヘンリー8世のもとの奥様のムスメさんです。

飲み物の「ブラッディ・マリー」はこのメアリーから来ています。
どうも宗教の関係で対立が絶えず、血を多く流した時代だったようです。
それにちなんでのカクテルの名前です。
血なまぐさいですねーー、これを知ってから飲めなくなりました。

エリザベス女王はとっても政治に興味もあって、しかもうまかった。
なので生涯独身で「私はイギリスと結婚した」といっています。

でもこうでなくては、と思うのです。
今のエリザベス女王も、結婚はしたけど、うまくやっているし、(政治には関与してないけどね)、
とても国民に人気があります、こういう人でなくてはいけないのだ、君主というのは。
こうして歴史をみていくととっても面白いですねーー。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12
  • 医師の当直バイト探しは<※当直のバイトをお探しの医師の方へというページ>を見てみましょう。
  • 看護師の転職先探しは<※看護師求人ランキング>を見てみましょう。
  • このブログ記事について

    このページは、りかこが2020年11月 1日 19:45に書いたブログ記事です。

    ひとつ前のブログ記事は「おはぎ」です。

    次のブログ記事は「靴の中に10円玉」です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

    リンク