2018年12月アーカイブ

ロードトゥパーディション

トム・ハンクスと、ジュード・ロウ、それから生きていたポール・ニューマンが出てる映画です。
「ロードトゥパーディション」
この映画で分からないのは、アル・カポネのお金を奪うんだけど、
カポネは出てこない、ちょうど時代がその時代なのと、ギャングの闘争の話なのでね、
カポネはただな名前だけ出てきた、、そんな感じです。

調べていくと、なんとその頃カポネは刑務所に入っていました。
映画に出てくるわけもないのですね。
刑務所にいる間にお金のことを任していたのがトッティー演じるシカゴのギャングでした。

わざと名前を名乗ってお金を採っていくことで、刑務所のカポネは利害関係がないのに
息子を守っていてもしょうがないってなって、息子を解放するだろうって考えたわけですね。

わざとお金をとっていって、殺したいあいてをシカゴの保護から外したかったわけだ。
あたまいいーー。
でも映画をちらっと見ただけでは分からないーー。
原作読まなくちゃ映画って分からないですねー。

そんなことでカポネは出てこなかったし、カポネのお金を引き出す理由は分かったけど、
最後の、殺されたホテルがどこだったのかちょっとまだ分かっていません。

最初にいたシカゴのホテルと同じなような気がしますがねー。
あのホテルってどこなんだろ、、また調べてみます。

このアーカイブについて

このページには、2018年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年11月です。

次のアーカイブは2019年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク